[PR]

 紀の川市のJR粉河駅から粉河寺までを結ぶ「粉河とんまか通り」で15日、1500個ほどのとうろうが並ぶ「粉河とうろう祭」があった。ロウソクでともされたとうろうが約400メートルにわたって並び、訪れた人々はいつもと違う通りの雰囲気を楽しんだ。

 今回、初めて大阪商業大学(大阪府東大阪市)の学生4人が参加。LED電球のランタンを使って幻想的な空間を作り出した。紀の川市出身で同大4年の岩崎喬さん(22)は「昼から雨が降って心配だったけど、なんとか見に来てもらえた。この日を迎えられてよかった」と話した。(本間ほのみ)