[PR]

 16日での引退を表明している歌手の安室奈美恵さん(40)が15日夜、沖縄県宜野湾市で開かれた音楽祭に出演した。約3500枚という希少なチケットに当選したファンたちが「最後のステージ」を見届け、名残を惜しんだ。

 横浜市の看護師木村桃子さん(29)は「今回は今まで見た中で一番楽しそうだった。私も今日はすごく楽しい思い出をもらって、明日から生きていけます。幸せなライブでした」。今年2~6月に5大ドームなどであった「ラストツアー」での安室さんは涙ぐみ、見ていて寂しかったという。

 この日の安室さんは、黒いTシャツに、チェーンアクセサリーを付けた黒いパンツと、赤いロングブーツ姿。30分超、全8曲を歌い終えると、小さな声で「うわーっ」と言ってから、観客に向かって「ありがとうございましたーっ」と叫んだ。

 「今日はどうもありがとうございます。今回このフェスに参加してくださった素晴らしいアーティストの皆さんを改めて紹介させてください」と話し、BEGIN、MONGOL800、平井堅さん、ジョリン・ツァイさんら共演者をステージに呼んだ。

 「今日、参加してくださった素晴らしいアーティストのみなさんに大きな拍手をお願いします。そして、今日この会場に来てくださったみなさん、本当に、本当に、ありがとうございました」

 出演者全員で手をつないでおじぎをし、もう一度、「ありがとうございましたーっ!」と叫び、手を振って観客の声援に応えた。

 東京台東区の佐々木舞さん(27)は「感無量です。心から楽しめました」。幼少時からのファンで、長年ライブを見て来た。ライブでは毎回最後に泣いていたという。「今回も途中で涙が出たけど、最後は初めて泣かずに笑顔で送り出せました」

 奈良県生駒市の主婦岡本直子さん(65)と娘で会社員の望さん(34)は「素晴らしかった」と声をそろえた。「引退はラストツアーで完結して、今日はあっさりと終わったんだと思います。共演するアーティストの演奏もよく、泣けました。すべてを安室さんに捧げているように感じました」

 共演者とともに安室さんがステージを去った後、アンコールとも、別れを惜しむ声ともとれる大合唱がわき起こった。

 奈美恵!

 奈美恵!

 奈美恵!

 その声は会場の外に集まる1千人を超すファンたちにも広がっていった。(坂本真子)

こんなニュースも