[PR]

 地震の影響で客足が遠のいている札幌市の飲食店経営者らが「経済回して北海道復興! NO MORE 自粛」というロゴを作成、SNSでフリー素材として拡散している。飲食店や広告会社などがポスターにして店頭に貼るなどし、道内の約300事業所以上に広がっている。もともとは東日本大震災の被災地のために作られたもので、飲食店経営者は「支援のバトンがつながっている」と話している。

 ロゴは、東日本大震災の1カ月後に仙台市のデザイン会社社長庄司直人さん(35)ら数人が「自粛ムードが長引けば、生活が成り立たなくなる人がいる」と作り、広めていた。札幌の飲食店経営会社社長大坪友樹さん(38)が地震発生からまもない時、ススキノに人がいない状況に「1カ月続けばまちが崩壊する」と危機感を覚え、友人からロゴを使ってはどうかと勧められ、庄司さんに使用許可を取った。

 デザインは赤と黒で、「東北復興!」とあったところを大坪さんが「北海道復興!」と変えた。ツイッターやフェイスブックで広めたところ、札幌のほか旭川、帯広、函館など各地に拡散していった。

 ススキノの居酒屋「おたる亭す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら