[PR]

 プロ野球パ・リーグは17日、首位の西武が2位ソフトバンクに勝ったため、10年ぶりのリーグ優勝に向けたマジック「11」が点灯した。西武が残り15試合のうち、ソフトバンク戦の4試合に全敗しても11勝すれば勝率6割1分7厘になり、ソフトバンクが残り19試合を全勝した場合の勝率6割1分3厘を上回るため。同時にクライマックスシリーズ出場も決めた。

 昨季はリーグ2位で4年ぶりのAクラスと躍進。辻監督就任2年目の今季は、強打を武器に開幕8連勝とスタートダッシュに成功。リーグトップのチーム打率、得点で5球団を圧倒し、ここまで一度も首位を譲っていない。