[PR]

 香川県まんのう町の国営讃岐まんのう公園で17日、園内を散歩しながら秋の風景を楽しむイベントがあった。子どもから大人まで16人が参加した。

 昇竜の滝をスタート。県ウオーキング協会の講師は、「ひじを振ると、自然と足が前に出る」「着地の時につま先が上がっていれば、転倒が防げる」といったアドバイスをしていた。

 参加者らは、緑から紅葉に向けて色が変わり始めたコキアや、キバナコスモスを見ながら約4キロを歩いた。家族で参加した丸亀市の小学3年生、堀家康生君(8)は「歩くのが好きだし、バッタとか虫もたくさんいて楽しかった」と話した。

 園によると、キバナコスモスは9月下旬ごろまで、コキアは紅葉したあと10月下旬ごろまで、それぞれ楽しめるという。