[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(16)が17日、第4期叡王戦(ドワンゴ主催)の予選で2連勝して、本戦進出を決めた。1局目を逆転勝ちで制し、勢いにのった。公式戦の連敗を「2」で止めた。

 東京都渋谷区の将棋会館で午後2時に始まった1局目では、小林裕士(ひろし)七段(41)と対戦。一時は敗勢に追い込まれたが、相手の一瞬の隙をついて逆転勝ちした。午後7時からの第2局では、千葉幸生(さきお)七段(39)に勝った。叡王戦の本戦進出は2年連続となる。藤井七段は「本戦でも上を目指していけたら」と話した。

 藤井七段は今月に入り、菅井竜也王位(26)と山崎隆之八段(37)に連敗していた。25日には、第49期新人王戦(しんぶん赤旗主催)の決勝三番勝負をかけて青嶋未来五段(23)と対戦する。

こんなニュースも