[PR]

 世界的に人気のボードゲーム「バックギャモン」のプロ、矢沢亜希子さん(37)=東京都豊島区=が、今年8月、世界選手権で4年ぶり2回目の王座に輝いた。複数回の優勝は世界でも過去に3人しか達成していない。末期がん寸前の子宮体がんを克服できたのは、ゲームで培った「展開を読む力」だった。

 モナコで開かれた今年の世界選手権。参加者が対戦を繰り返し、先に2敗した人が脱落していくルールで、矢沢さんは無敗のまま決勝に進出。優勝賞金6万ユーロ(約780万円)を手にした。「『死ぬかもしれない』と無我夢中だった前回と違い、心理的に優位にゲームを進められました」

 学生時代にバックギャモンを知ってとりこになり、2004年には国内タイトルも手にした。しかし12年、「ステージⅢc」の子宮体がんと診断され、医師に「手術しなければ1年もたない」と言われた。

 子宮の奥にできたがんは、過去の検査でも見逃されていた。「子宮を残せば子どもを産めるかも」と悩んだが、冷静に「先の展開」を読んだ。「後になってやっぱり生きたくなったら、手術しなかったことを後悔するだろう。できるだけのことをやって納得しよう」と考え直した。

 子宮、卵巣、卵管、リンパ節をすべて切除し、抗がん剤治療をしながら「自分が生きた証しを残そう」とバックギャモンで世界をめざすことに。副作用でサイコロを握る手がしびれ、全身の痛みと闘いながら14年に世界選手権を制した。

 今は脚のむくみなど後遺症はあるが、再発の可能性はほぼなくなった。「私が勝って、この面白さを日本に伝えていくしかない」と、体調と相談しながら平均月1回は世界各地で開かれる大会に参加する。

 今後の目標は、世界選手権で3…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら