[PR]

 ベトナム・ハノイの遊園地で16日、音楽フェスの参加者が相次ぎ病院に運ばれ、7人が死亡、このほか5人が意識不明になった。12人は18~29歳でいずれも麻薬の陽性反応があったといい、警察当局は7人の死因は麻薬の過剰摂取とみて調べている。

 17日のVNエクスプレス(電子版)が報じた。報道によると、死者はいずれもハノイの遊園地、西湖ウォーターパークで16日に開かれたベトナム・エレクトロニック・ウィークエンドという音楽フェスに参加していた。参加者がいた現場には、陶酔作用があるとされる笑気ガス(亜酸化窒素)を入れて膨らませた風船や成分不明の錠剤が散らばっていたといい、12人がこれらを使用していた可能性がある。当局は17日、市内の音楽フェスを当面禁止すると発表した。(ハノイ=鈴木暁子)