[PR]

 来年で誕生100周年を迎える日本初の乳酸菌飲料・カルピスの歴史や、生みの親で箕面市出身の実業家・三島海雲(かいうん)(1878~1974)について知ってもらおうと、企画展「三島海雲とカルピス展」が、箕面市箕面6丁目の市立郷土資料館で開かれている。

 三島は大阪府萱野(かやの)村(現箕面市)の教学寺で生まれた。学校の教師として中国に渡り、後に貿易会社を立ち上げる。内モンゴルで、乳酸菌で発酵させた「酸乳(さんにゅう)」を知って、帰国してから酸乳にヒントを得た食品の開発を始めた。

 何度も失敗しながら、脱脂乳を乳酸菌で発酵させてカルシウムと砂糖を加えた飲み物を作り上げた。サンスクリット語で最上級の味を意味する「サルピス」とカルシウムを組み合わせて「カルピス」と命名。1919年に売り出した。当時としては刺激的な「初恋の味」というキャッチフレーズは、多くの人の記憶に残った。

 戦後、カルピス食品工業の社長…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら