[PR]

 神奈川県二宮町は18日、職員の残業の上限を年間240時間と設定し、超過した分の時間外勤務手当を30年以上にわたり職員に支払っていなかった、と発表した。時間外勤務手当を支払うと定めた町条例に町が自ら違反していた。町は2016年度以降の未支給額を対象職員に支給する。

 地方公務員法に基づく町の給与条例で、正規の時間外の勤務を命じた職員には全時間分に対して手当を支給すると定めている。ところが、30年以上前から月20時間を上限と設定していた。幹部職員に聞き取りしたところ、1987年時点ではそうした運用になっていたという。

 町によると、2017年度に年間の時間外勤務が240時間を超え手当の一部未払いがあった職員(管理職除く)は81人。未支給額は計約1320万円で、1人当たり平均16万3千円になる。記録がある過去5年間の未支給額の合計は1億1330万円に上る。

 職員の時間外勤務の月平均は1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら