[PR]

 ロシア国防省は18日、シリアに近い地中海上空を偵察中のロシア軍機がアサド政権軍の地対空ミサイルで撃墜され、15人のロシア軍兵士が死亡したと明らかにした。政権軍が、近くで攻撃を始めたイスラエル軍機と誤認したと見られる。ロシアはイスラエルの攻撃について「敵対的な挑発行為」と激しく批判した。

 同省によると、17日深夜、イスラエル軍機4機が地中海沿岸のシリア北西部ラタキア県で政権軍施設への攻撃を開始。政権軍が反撃したところ、ちょうど近郊のロシア空軍基地に着陸しようとしていたロシア軍機が巻き込まれたという。

 イスラエル軍は18日、シリア領内への攻撃を認め、「(撃墜は)不正確なアサド政権の対空射撃が原因だ」とする声明を発表した。

 ロシア側は、イスラエル軍がホットラインを通じて攻撃を通知してきたのは1分前で退避措置をとることができなかったとしている。ロシアのショイグ国防相は18日、イスラエルのリーベルマン国防相との電話で「非はイスラエル側にある」と抗議したという。

 シリア内戦でロシアは政権軍を支援。一方のイスラエルは政権軍を支援するイラン部隊を警戒し、過去1年半に200以上のシリア領内の目標を攻撃。ロシアにもイランに影響力を行使するよう要請している。(モスクワ=喜田尚)