[PR]

 ロシアのプーチン大統領を批判する同国のパンクバンド「プッシー・ライオット」のメンバーが、モスクワの裁判所で何かを食べた後、倒れる事件があり、運び込まれたベルリンの医療機関は18日、毒を盛られた可能性が高いと発表した。

 倒れたのは、ピョートル・ベルジロフさん(30)。DPA通信によると、モスクワの裁判所内で食事後に倒れ、視力を失うとともに、動くことや話すこともできなくなった。11日にモスクワの病院で応急処置を受けた後、15日夜に民間の支援団体によってベルリンの病院に搬送された。現在は回復し、命に別条はないという。

 会見したベルリンの医師は「毒を盛られたと考える以外、説明がつかない」としたが、毒物については詳しい説明はなかった。

 ベルジロフさんは、7月のサッカーワールドカップロシア大会決勝で、抗議のため試合中にグラウンド内に進入し、拘束された。同通信によると、家族は何者かが、同氏の殺害か警告を目的に毒を盛ったとみている。(ベルリン=高野弦)