【動画】百花園迎賓館で文在寅夫妻を歓待する金正恩夫妻=平壌写真共同取材団撮影
[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が18日、平壌の百花園迎賓館で交わした会話の内容が、公表された動画から明らかになった。文大統領は、市民の熱烈な歓迎ぶりに感激した様子。一方、金委員長は謙虚な姿勢で応じていた。

 「アパートに住んでいる人までこんなに熱烈に歓迎してくださり、本当に胸がいっぱいです。胸にじんときました。本当に」。文氏は正恩氏に熱く語りかけた。

 これに気をよくしたのか、正恩氏は「大統領は世界の多くの国を見て回っていらっしゃる。発展した国に比べれば、うちの宿所(迎賓館)はお粗末でしょう」と語った。

     ◇

朝鮮半島に詳しい桜井泉記者

 北朝鮮には「この世にうらやむものはない」という題名の歌がある。「建国の父」故金日成(キムイルソン)主席と北朝鮮をたたえる内容で、誰でも知っている歌だ。

 そんな歌が普及している国情からすれば、文氏と会談した際の正恩氏の謙虚な姿勢には驚かされる。スイスに留学したこともある正恩氏だからこそ、自らの国を客観的に捉えることができるのだろうか。(桜井泉)