フランスパンを日本に広め、外国人として初めて「現代の名工」に選ばれた兵庫県芦屋市のパン店「ビゴの店」の創業者、フィリップ・ビゴさんが17日死去した。76歳だった。葬儀は近親者で営み、後日、お別れの会を開く。

 1942年、フランス生まれ。パン職人の父のもとで少年時代からパンづくりに携わった。22歳だった65年、東京国際見本市で実演するために来日。神戸市に本社を置くベーカリー「ドンク」に勤め、各地で本場のパンづくりを指導した。

 72年に独立して「ビゴの店」を開業。兵庫県内や東京都内に店舗を展開し、多くの職人を育てた。2003年にフランスのレジオン・ドヌール勲章を受章。08年に朝日新聞の取材を受けた際は、「パンは人に一番身近な食べ物で命の糧。だから安全なものでないと」と語り、保存料や添加物を使わないパンづくりへのこだわりを強調した。昨年、厚生労働省の「現代の名工」に選ばれた際には、「日本でフランスパンの普及に尽力。全国にブームを巻き起こし、フランスパンの神様と呼ばれるまでになった」とたたえられた。

 フランス大使館は18日、ツイッターで「バゲットをはじめ、日本のパン消費量の飛躍的な伸びに加えて、日本人のフランスパンに対する好感度向上に大きく貢献されました」とビゴさんの死を悼んだ。