[PR]

 元SMAPの香取慎吾さんがパリのルーブル美術館地下ホールで開く初の個展「NAKAMA des ARTS」が19日、始まった。18日に現地で開かれた内覧会では、「香取慎吾がすべて詰まったアートです」などと報道陣に語った。

 個展は、「アートを題材に仲間とつながりたい」がテーマ。自身がデザインした塗り絵をインスタグラムに投稿し、一般の人たちから寄せられた塗り絵を組み合わせた作品や2020年東京パラリンピックをモチーフにした「i enjoy!(私は楽しむ)」など、明るい色彩を奔放に使った絵画を中心に約110点を展示している。草彅剛さんや稲垣吾郎さんも会場に駆けつけ、「この絵見たことあるなあ」「こうして飾ると同じ作品でも違って見える」などと談笑した。

 個展はフランスで開催中の日本文化を紹介するイベント「ジャポニスム」の一環。会場は、ルーブル美術館の敷地内で、入場無料の地下ホール。10月3日まで開かれる。(パリ=疋田多揚)