[PR]

 奄美大島に秋の訪れを告げるアカハラダカの渡りが始まっている。奄美市では19日、市立崎原小中学校(久野博幸校長)が近くの高台で観察会をひらき、児童や教員ら十数人が双眼鏡で上空を舞う姿を楽しんだ。

 アカハラダカは体長約30センチの小型のタカ。朝鮮半島や中国東部などで繁殖し、越冬のため、9月から10月上旬にかけてフィリピンや東南アジアに向かう途中で奄美に飛来し、休憩や食事をする。上昇気流が発生しやすい晴れた朝には集団で上空を旋回する「鷹柱(たかばしら)」と呼ばれる姿をみせ、秋の風物詩となっている。

 観察会は奄美自然環境研究会(常田守会長)の指導で数年前から続けられ、19日は1200羽余りを確認した。同小4年の畠あいさん(10)は「集団でブワッと飛ぶ姿が面白かった」。常田会長は「自然豊かでエサが豊富だから、多くの渡り鳥が休憩できる。留鳥だけでなく、渡り鳥のためにも島の自然を守らないといけない」と話した。(外尾誠)