[PR]

 高齢者らが狙われ、後を絶たない電話詐欺。山梨県内の今年の被害額はすでに昨年1年間の金額を上回り、事態は深刻だ。被害を少しでも減らそうと、日下部署の若手警察官が劇団をつくり、「記憶に残る啓発活動を」と奮闘している。

 「あなたのキャッシュカードが犯罪に利用されています」。警察官をかたる男から電話があり、自宅までキャッシュカードを取りに来た。「これは確か、警察官の方が劇でやっていた手口に似ているなあ」。不審に思い、通報して詐欺に遭わずにすんだ――。

 先月19日、甲州市の勝沼健康福祉センターで「敬老の日の集い」があり、町内の高齢者約60人が集まった。そこに登場したのが、20代の日下部署員でつくる「劇団くさかべ」の男女4人。犯人グループと高齢男性になりきり、迫真の演技で実際にあった手口を再現した。

 寸劇では、「金取りに来たのに…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら