写真・図版

[PR]

 国立感染症研究所は19日、直近1週間(3~9日)の風疹の患者数を発表した。前週より46人増えて127人になり、今年最多だった。今年に入ってからの累計患者数は496人となり、昨年1年間の5倍を超えた。関東以外でも患者が出ており、静岡など新たに5県から感染報告があった。

 感染研によると、直近1週間で患者が最も多かったのは東京で32人。千葉27人、神奈川19人、埼玉と愛知がそれぞれ11人と続き、関東地方が目立った。また、新たに静岡で4人、秋田、福島、群馬、徳島でもそれぞれ1人ずつ患者が出た。今年に入って感染報告があった自治体は34都道府県に上った。

 風疹はウイルス性の感染症で、くしゃみやせきなどのしぶきでうつる。潜伏期間は2~3週間。発疹がでる1週間前から、人に感染する。症状が軽い場合は患者本人も風疹と気付かないまま、感染を広げてしまうことが少なくない。

 妊娠初期の妊婦が感染すると、赤ちゃんに障害が出るおそれがある。感染研は妊娠前の女性や妊婦の家族、職場の同僚などにワクチン接種を検討するよう呼びかけている。

 

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(水戸部六美)