[PR]

魚河岸ものがたり:37

 築地市場では毎朝、キャップや制服、長靴まで全身白ずくめの2人組が場内を歩き回っている。

 東京都市場衛生検査所の監視員。午前4時から卸売場やセリ場を回り、いけすに有毒魚が交じっていないか、生ウニの温度は10度以下に保たれているか、などをチェック。さらに仲卸の店先では、衛生状態や商品の表示にも注意を払う。

 2人組が姿を見せると、場にちょっとした緊張感が走る。検査所管理課の統括課長代理、高木達也さん(59)は「我々の仕事は有害な食品を外に出さないこと。多少煙たがられているのはしょうがない」。2016年度は、猛毒テトロドトキシンを持つボウシュウボラ(13件)など、あやまって紛れ込んでいたり、築地市場では扱わないことにしたりしている有毒魚計29件を見つけ、指導した。

 築地市場の業者たちは衛生面に…

この記事は有料会員記事です。残り323文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り323文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り323文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも