[PR]

 自民党総裁選をめぐり斎藤健農林水産相が安倍晋三首相の陣営から辞任圧力を受けたとされる問題で、野田聖子総務相は19日、「圧力、私はいつもかかっているので、何を今さらと。まあ、とてもつらいことですよね」と語った。

 視察先の大分県姫島村で記者団の質問に答え、「私も、前回も今回も大なり小なり、私個人に、というよりは応援してくれる皆さんに圧力がかかってしまった。今回は支える人もいたけれども支えられない人もいたということが、総裁選に出られなかったゆえん」と話した。

 そのうえで「これはたいして大きな問題ではなく、むしろそれを乗り越えられるような強さを持たなきゃならないな、と私自身は思っている」と述べた。

 総裁選については「不十分であると言われるかも知れないが、多くの人たちに候補である安倍(晋三)首相と石破(茂・衆院)議員が何を思っているかということが少しでも伝わったのは良いことだと思う」と評価した。(興野優平)