[PR]

 テニスの東レ・パンパシフィック・オープンで19日、全米オープンを制した後の凱旋(がいせん)試合で快勝し、8強入りを決めた大坂なおみ(日清食品)が試合後、記者会見に臨んだ。主なやりとりは次の通り。

 ――試合を振り返って。

 「今日はとても良い試合ができた。東京での最初の試合なので特別だった」

 ――日本のファンの声援は、プレッシャーにはならなかったか。

 「あまりプレッシャーとかんじなかった。むしろエキサイティングだった。多くの人がこの試合を見てくれているんだと思った。サポートに感謝したい」

 ――サービスエースが10本あった。

 「今日は間違いなくサーブが機能してくれた。不利な展開も救ってくれた」

 ――きょうの出来は100点満点?

 「全体的に80%くらい。私は自分の限界がどこにあるか分からないから、きょうが100%とは言えない。ただ、高いレベルでプレーできたと言える。良い試合ができた印象」

 ――オフはどう過ごしたのか。

 「(全米オープンを終えた直後に)ニューヨークに居たときは、原宿に行って、ジェットコースターにも乗りたいと思っていたが、東京に着くとそんな時間は無かった。寂しいが、大会が終わるまで様子を見てみたい。カツ丼は、大会中で体調を整えているので、まだ食べていない」