[PR]

 今これほど注目を浴びているアイドルはいない。アイドルグループ、欅坂(けやきざか)46で不動のセンターを務める平手友梨奈さん(17)。初主演で初主演の映画「響―HIBIKI―」で天才女子高生作家を演じ、人気沸騰中だ。アイドル評論家の中森明夫さんにアイドル史をひもときながら、平手さんの魅力を語ってもらった。

     ◇

 にっこりと笑うタイプではなくて、憂いを含んでいる。どこか懐かしく、ミステリアスな雰囲気は山口百恵さんを彷彿(ほうふつ)させます。

 アイドル史を見ると、1970年代は百恵さん、南沙織さん、80年代は松田聖子さん、小泉今日子さんと、ソロの全盛でしたが、現在のアイドルの特徴はグループです。AKBグループは、誰をセンターにするかプロデューサーが決めるのみではなく、選挙形式をも導入して人気の基準を作っているように見えます。そんな中、彼女はセンターを務め続けている唯一無二の存在です。日本武道館のライブが、平手さんがけがをしたことで、関連グループの公演に差し替えとなったことは象徴的な出来事でした。

 デビュー曲の「サイレントマジ…

この記事は有料会員記事です。残り1675文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1675文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1675文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも