[PR]

 少年時代、買ってもらった新品のグラブが硬く、手のひらになじむまでに時間がかかった経験はないだろうか。そんな悩みを「湯もみ型付け」という技法で解決してくれるのが、野球用具を中心に販売するスポーツ用品店「周南スポーツ」(周南市)だ。

 お湯を満たしたバケツに、真新しいグラブをチャポン。数十秒で取り出すと、両手でこねるようにもみほぐしたり、木槌(きづち)や硬球でたたいたり。かなりの重労働だが、そもそも革製品をお湯に浸してもいいのだろうか。

 「もちろん、大丈夫です」。店長の三浦省吾さん(46)が胸を張った。

 十分にもみほぐした後は除湿器…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら