[PR]

 災害時に高齢者や障害者らを対象に開設される避難所「福祉避難所」の具体的な場所を、今回の地震の際、札幌市がホームページなどで公表していなかったことが分かった。市は「殺到しても受け入れができず、混乱を避ける目的もあった」と説明している。

 市によると、今回の地震では、6日に白石区で、7日に中央区で、一般の避難所で過ごすのが困難な利用者各1人を、福祉避難所に避難してもらった。

 8日午後8時の市災害対策本部会議では、福祉避難所を2カ所開設したとの報告があったが、具体的な施設名や場所などは公表せず、区名と開設数のみを伝えていた。市のホームページでも公表していなかった。結局、詳しい情報が公表されないまま、11日までに中央区と白石区の福祉避難所は閉鎖された。

 国のガイドラインでは「福祉事…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら