[PR]

 柔道の世界選手権が20日、アゼルバイジャンのバクーで開幕。第1日は男女2階級があり、男子60キロ級の高藤直寿(たかとうなおひさ、パーク24)が2連覇を達成した。高藤は準々決勝までの4試合を一本勝ちで勝ち上がると、準決勝で永山竜樹(りゅうじゅ、東海大)に延長で技ありを奪って優勢勝ち。決勝はロベルト・ムシビドバゼ(ロシア)に優勢勝ちした。永山は3位決定戦で韓国選手に一本勝ちし、銅メダル。

 女子48キロ級では前回優勝の渡名喜風南(となきふうな、パーク24)が準決勝で世界ランキング1位のムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)に勝ったが、決勝で17歳のダリア・ビロディド(ウクライナ)に一本負けし、2連覇はならず銀メダルだった。

 大会は27日までで、125カ国・地域から758選手が出場。個人戦の男女各7階級と混合団体が行われる。

準決勝でライバル下す

 高藤は今大会の意味を「永山との大勝負」と決めていた。2020年東京五輪代表を争う3歳下の好敵手。その手ごわい相手を、準決勝で延長の末、小内刈りで技ありを奪って下した。

 昨年12月のグランドスラム東京。決勝の最中に全身がつったような感覚に襲われた。辛くも優勝したが、「またつったらどうしよう」という不安は今も残る。根っからの野菜嫌い。それまで栄養士の助言に耳を貸さなかった。体中を襲った痛みが、そんな生活を変えるきっかけになった。

 野菜を鍋やスープの具に入れ、今では塩分や脂質にも気を配る。「人生であと何回、減量するのかな」と1回に7、8キロを落とすことへのつらさをこぼしたこともあったが、以前のような急激な減量はやめた。国立スポーツ科学センター(JISS)で合宿をしながら体重管理するようになってからは体の負担も軽くなった。

 23歳で出場したリオデジャネイロ五輪は、「初日に金メダルを取れれば勢いがつく」という周囲からの期待に押しつぶされた。結果は「失敗」と言う銅メダル。瞬発力や爆発力は25歳の今より上だったかもしれない。しかし、「どうしたら試合で力を出せるかを考えるようになった」という今の方が「確実に強い」という自負はある。(波戸健一)