皇太子ご夫妻は21日、東京都墨田区の高齢者施設「東京清風園」を訪れ、お年寄りと交流した。「敬老の日」にちなむ訪問で、2014年までは天皇、皇后両陛下が続けてきた。

 ご夫妻は、リハビリを兼ねたボールを使った体操などを視察。皇太子さまは「楽しそうにやってらっしゃいますね」と話し、皇太子さまとともにボールの感触を確かめた雅子さまは「結構力がいるんじゃないですか」などと尋ねた。お年寄りに「お元気で」「お体をお大事に」などと気遣っていた。毛糸を使ってマスコットを作る様子を視察した場面では、入所者の女性からアルパカのマスコットを差し出され、雅子さまが「よろしいんですか。うれしいです。ありがとうございます」と受け取るサプライズも。帰り際、マスコットを手にした雅子さまは関係者に「大事にします」と声をかけていた。(多田晃子)