[PR]

 世界中を不況に陥れた2008年9月のリーマン・ショック。米住宅バブル崩壊は金融商品を通じて世界に損失をまき散らした。巨利をむさぼったウォール街は政府に救われ、不公正への怒りは社会に深く刻まれた。バブル再燃が語られる今、当事者たちは何を思うのか。(ニューヨーク=江渕崇)

異変 気づいた時は手遅れ

 貸せば貸すほど大もうけ。宴(うたげ)はずっと続くと信じ込んでいた。異変に気づいたときには手遅れだった。

 1995年、米ロサンゼルス郊外でブラッド・モリス氏(62)は仲間数人と「ニューセンチュリー・フィナンシャル」を立ち上げた。信用度の低い人向けの住宅金融「サブプライムローン」に特化した貸付会社だった。

 2001年の米同時多発テロが、皮肉にも飛躍のきっかけになった。景気を下支えしようと米連邦準備制度理事会(FRB)が利下げを加速。低金利の住宅ローンを貸せるようになり、住宅価格もうなぎ登りだった。

 審査は12秒以内――。効率的にローンをさばくため、借り手が自己申告したデータを入力すれば、自動的に融資を判断するプログラムをつくった。住宅価格が上がる限り、もし返済に行き詰まっても家を売ってもらえばすむ。後から思えば、審査は緩すぎた。

 手がけたローンは00年の40億ドルから06年は600億ドル(約7兆円)に迫った。従業員約8千人、200カ所以上の事務所を持つ全米最大級のサブプライム会社になった。「といっても、うちの役回りはただの導管。すべてを振り付けたのは、ウォール街だ」

 米大手投資銀行はまず、ローンの元手をサブプライム会社に貸し付けた。ローンが売れると、今度はそれをまとめて買い取って証券化。世界中の投資家に売りまくった。「どうしたらもっとローンを譲ってもらえますか?」。モリス氏がニューヨークに出張するたび、ゴールドマン・サックスなどの銀行家がせっついた。

 住宅価格は06年を境に下落に転じる。しかし貸し付けを減らす決断はできず、ウォール街も貪欲(どんよく)さを失わなかった。宴のさなかで、「そこが頂点だとは確信できなかった」。焦げ付きが増えると、投資銀行からローンの買い戻しを迫られた。会社は07年春にあっけなく破産。一連の金融破綻(はたん)の先駆けとなった。

 モリス氏は会社を追われ、米当局と投資家に罰金や賠償金を支払った。「一番荒稼ぎしたウォール街は、あとで政府に救われた。なんて皮肉だ」

ウォール街救済、ツケは納税者に

 宴のツケは、納税者に回された…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら