[PR]

 部下4人に対し、「ヘタレ王子」とあだ名をつけて侮辱するなどのパワハラをしたり、暴行をしたりしたとして、航空自衛隊横田基地(東京都福生市)は20日、気象隊の1等空尉の40代男性を減給1カ月(10分の1)の懲戒処分としたと発表した。処分は同日付。

 横田基地監理部によると、1尉は2016年11月~今年6月、前任地で部下の男性隊員3人に対し、侮辱的なあだ名をつけたり、「俺よりも給料高いくせに」などの暴言や、尻をひざ蹴りをするなどの暴行をしたりしたという。また17年12月には別の部下の男性隊員に対し、3キロを走る持続走訓練で目印を置く場所を間違えたことを理由に2週間の外出禁止にするといった不適切な指導をした。

 1尉は「熱くなってエスカレートした。処分を真摯(しんし)に受け止め、深く反省している」と話しているという。

 1尉の前任地でパワハラがあるとの内部通報を受け、今年7月に実施したアンケートで発覚した。横田基地司令の斎藤拓也・1佐は「今後も隊員に対する教育および身上把握を継続し、再発防止に努める」とコメントを出した。