[PR]

 仮想通貨業界大手のテックビューロ(大阪市、朝山貴生CEO〈最高経営責任者〉)は20日、ネットで運営する仮想通貨交換所「Zaif(ザイフ)」が不正アクセスを受け、ビットコインなど約67億円相当が外部に流出したと発表した。朝日新聞が取引履歴を調べたところ、同社とみられる取引口座から多額のコインが外部へ送られ、送金先を隠した形跡もあった。今後の追跡は困難になる可能性がある。

 仮想通貨の巨額流出は1月にコインチェック(東京)で約580億円が流出して以来。テックビューロによると、14日午後5~7時ごろ外部から不正アクセスを受け、ビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュの3種類が流出。流出した67億円分のうち45億円分が顧客の資産で、22億円分は自社の資産という。

 朝日新聞がネット上で取引履歴を確認したところ、テックビューロのものとみられる1726口座から計5966ビットコインが外部の1口座に送金されていた。テックビューロが公表する被害額と一致し、同社関係者は取引履歴が不正流出と関係があると認めた。

 流出したコインはさらに数千口座へ分散。不特定多数の取引を組み合わせて追跡を困難にする「ミキシングサービス」と呼ばれる仕組みが使われたとみられる。

 テックビューロは金融庁と大阪…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら