[PR]

 音楽とファッションで一世を風靡(ふうび)したチェッカーズのデビューから21日で35年。バンドが結成された福岡県久留米市に、元メンバーが訪れるライブバーがある。大ファンというマスターの思いが縁を引き寄せるのか、ライブやDJイベントが開かれ、知る人ぞ知る「聖地」になっている。

 店は佐藤晃一さん(43)が久留米の繁華街で営む「ライブバー アクター」。2015年12月、チェッカーズでベースを担当した大土井裕二さん(55)が初めて店でライブをした。

 チェッカーズの曲を大土井さんがソロで歌った。佐藤さんがボーカルを務めるコピーバンドも登場。その後、2人で「I Love you,SAYONARA」を披露した。

 作曲した大土井さんに「一番好きな曲です。歌わせてもらえませんか」と佐藤さんが頼んだ。大土井さんのハモりで歌い、「目がうるんで頭が真っ白になったけど、口が勝手に動いた」。最後は2人でギターをかき鳴らし、大土井さんは「素晴らしい」とほほ笑んだ。

 きっかけは、佐藤さんが歌うのを聴いた同県太宰府市の飲食店長に「うちでやるイベントに出ないか」と誘われ、大土井さんの前座で出演したこと。度々、一緒にライブをするようになり、大土井さんのアクターでのライブは4回を重ねた。

 チェッカーズのリーダーだった…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら