[PR]

 日本にしかいない大型肉食魚で、絶滅危惧種のアカメが8月、大阪湾で漁獲された。大阪府立環境農林水産総合研究所によると、アカメの主な生息域は高知県や宮崎県で、大阪湾での記録は1993年以来2例目となる。

 研究所によると、高石市漁協所属の漁師が8月20日朝、大阪市此花区の安治川河口付近で刺し網漁をしていて漁獲し、「変な魚がとれた」と研究所に連絡した。全長82センチ、体重9・3キロの成魚のメスで、産卵したかは不明という。

 アカメは、静岡県以南の太平洋側で記録があるが、いずれも偶発的な出現で、生息数は非常に少ないと考えられている。研究所の担当者は「高知・宮崎方面からえさを追って沿岸づたいに進むうちに、大阪湾に来たのではないか」と話す。(加戸靖史)

関連ニュース