[PR]

 プラスチックごみによる海洋汚染が国際的な問題になるなか、日本を含む主要7カ国(G7)は、低コストなごみ回収リサイクル技術の開発や、海洋汚染の正確な調査手法の確立に連携して取り組むことに合意した。カナダのハリファクスで開かれているG7環境・海洋・エネルギー相会合で20日、合意文書として発表された。

 文書では途上国への技術支援なども盛り込み、7カ国が率先して世界のプラスチックごみ対策に取り組む姿勢を示した。だが、今年6月のG7首脳会談で、日本と米国が署名を見送った「海洋プラスチック憲章」で示された使い捨てプラスチック削減などの数値目標については、今回の文書では盛り込まれなかった。

 文書によると、7カ国は技術革…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら