[PR]

 グラム単位の注文に合わせて、客の前で肉を切って調理する光景で知られるステーキ専門店「いきなり!ステーキ」が11月、秋田市内に初出店する。今年7月に青森県、鳥取県内に相次いで出店してから、残る「空白県」は秋田だけだった。

 同店を運営するペッパーフードサービスによると、1グラムあたり6・9円(税抜き)の「リブロースステーキ」など、他店と同じメニューをそろえる予定。予約不要の「立ち食い」形式も特徴のひとつだが、秋田市東通の店舗では全席に椅子を設ける。詳しい出店場所などについては10月下旬に発表するという。

 同店は2013年12月に東京・銀座で1号店を開店。急速に店舗を増やし、米・ニューヨークと全国46都道府県で328店を展開する(19日現在)。

 東海地方の喫茶店文化を全国に広げたコーヒーチェーン「コメダ珈琲(コーヒー)店」は今年2月に秋田市内に初出店したが、それまで秋田は青森、沖縄と並ぶ「空白県」だった。(神野勇人)