[PR]

 香川県内の各地でヒガンバナが見頃を迎え、秋の訪れを告げている。今夏は猛暑が続いたが、9月下旬に入って長袖姿の人たちも見られるようになった。高松地方気象台によると、向こう1カ月の気温は例年並みの見込み。

 ヒガンバナは品種により差はあるが、気温20~25度で花が咲く。小豆島町の中山千枚田のあぜ道には、鮮やかな紅白の花が並ぶ、中塚正春撮影。棚田の高さによって咲き方が異なるといい、観光客や写真愛好家でにぎわっている。

 さぬき市大川町のみろく自然公園には、赤や白、オレンジや桃色などの品種が丘の斜面に植えられている、小木雄太撮影。岡山県倉敷市の会社員田辺良夫さん(54)は「色鮮やかな花が重なるように咲き、まるで絵のようだ」と満足そうだった。どちらも月末ごろまで楽しめるという。