[PR]

 福山通運は、日曜の集荷や配達を中止する。運送業界では人手が不足しており、定休日を設けることでドライバーの確保と流出防止を図る。

 同社によると、集荷と配達の定休日を設けるのは国内の物流大手では初めて。若いドライバーから休みを求める声が多く寄せられたという。

 日曜の中止は、新しい客については10月から、既に契約している客は来年1月から。法人も個人も同様だ。

 全国に400ほどの支店や営業所は、一部を除いて日曜も営業し、届いた荷物の引き取りや持ち込みに対応する。持ち込まれた荷物は翌日発送する。