ベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席が21日、首都ハノイの病院で死去した。61歳だった。国営ベトナム通信が報じた。クアン氏はがんを患っていた。

 国家主席は共産党書記長に次ぐベトナムの権力序列2位のポストで、元首に当たる。クアン氏は公安相だった2016年4月に選出され、5年の任期を務める予定だった。日越の外交関係樹立45周年の今年は5月末から6月初めに国賓として訪日し、安倍晋三首相と会談。天皇、皇后両陛下と会見していた。(ハノイ=鈴木暁子)