[PR]

 女子テニスの東レ・パンパシフィック第5日は21日、東京・アリーナ立川立飛で、シングルス準々決勝があり、全米オープンのシングルスで日本勢初優勝を果たした大坂なおみ(日清食品)が、世界ランク25位のバルボラ・ストリコバ(チェコ)と対戦。大坂が6―3、6―4でストレート勝ちした。

 同7位で今大会第3シードの大坂と、同第8シードのストリコバの過去の対戦成績は、1勝1敗。直近では昨年のウィンブルドン選手権2回戦で顔を合わせ、6―1、0―6、6―4で、大坂に軍配が上がっている。