[PR]

 米アマゾンが20日朝(日本時間21日未明)、スマートスピーカー「エコー」の音声認識機能を使った商品やサービスを打ち出した。目をひくのは、声で操作できる電子レンジ。米国で売り出す。強みの音声認識を生かして生活家電に乗り出した形で、日本メーカーの脅威になる可能性もある。

 「コーヒーを1杯温めて」と呼びかけると、電子レンジは動き出す。人工知能(AI)を使ったアマゾンのスマートスピーカー「エコー」と連動。「指令」を受けとった電子レンジは、適切な温度と時間を設定し温める。

 それだけではない。いつも食べる、ポップコーンなどの食品をあらかじめ登録しておくと、作った回数を記憶。食品の残量が少なくなると、自動で注文する。

 AIを使って電子レンジを動かすだけでなく、その電子レンジがアマゾンのネット通販とも連動し、食べ物も調達する。

 アマゾンはこれまでも「エコー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら