【動画】馬たちの安住の地・あしずりダディー牧場=笠原雅俊撮影
[PR]

 秋の日差しを浴びてサラブレッドがのんびりと歩いている。土佐清水市三崎の「あしずりダディー牧場」。競馬の世界や乗馬クラブで、人間のために走り続けてきた馬の安住の地だ。

 NPO法人あしずりダディー牧場命の会代表の宮崎栄美さん(59)が7年前に開いた。引退した競走馬の多くは殺処分される。その現実の中で「余生を静かに過ごしてほしい」と願う馬主らが愛馬を預けにくる。

 宮崎さんは50代になって地元の幡多農業高校の馬術部で、乗馬や馬の飼い方を教わるようになった。そこでダディー(オス)と出会った。ダディーと一緒に乗馬を楽しんだ。だが、2010年9月、馬術部の練習中に、後ろ脚から崩れるように倒れて急死した。熱中症だった。

 ショックを受けた宮崎さんは「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら