[PR]

 酒田光陵高校の佐藤礼偲(れいじ)君(3年)が、8月に長野県であった全国高校総合文化祭(総文祭)写真部門で、全国の307点から、最優秀賞のうち、最高賞の文部科学大臣賞に輝いた。受賞作は、1年間で撮りためた1千枚以上の中から選んだ。佐藤君は「受賞してから作品を見てもらう機会が増えた。だんだん実感が湧いてきました」と笑う。

 暖かい日の夕方、駅で草を取るおばあさん。すべり込んできた列車から車掌がのぞき、「ご苦労さま」と声をかける――。昨春、撮影旅行で訪れた秋田県の由利高原鉄道黒沢駅で出会ったそんな光景をとらえた。

 駅近くの踏切で桜の写真を撮っていた佐藤君は、ホームにおばあさんがいるのを見つけ、列車が去っていく様子とおばあさんを写真に収めようと駅横の広場に移動し、カメラを構えた。「少しさみしいような風景をイメージしていました。そうしたら、入ってきた列車の車掌さんが顔を出したんです。驚きました」

 思わぬ光景に「夢中でシャッタ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら