[PR]

 福井市の一乗谷朝倉氏遺跡周辺で、ヒガンバナが咲き始めた。満開になったものも多く見られ、道の駅一乗谷あさくら水の駅から遺跡までの道中で楽しめる。

 下城戸の周辺では、40~50センチの茎から手のひら大の深紅の花が開いた。一乗谷川沿いの河原でも群生している。遺跡の管理事務所の職員によると、1週間ほど前から茎が伸び、つぼみをつけ始めた。来週にかけて見頃を迎えるという。(平野尚紀)