[PR]

 ソフトバンクは21日、同社の携帯電話利用者へ送られたメール約1030万通が消失したと発表した。消失したのは、迷惑メール消去機能の利用者約436万人のメール。システムの不具合が原因で、メールの復元はできないという。

 トラブルは17日午前から18日午前にかけて起き、ソフトバンクは18日午後にホームページで公表し、総務省にも連絡した。ただ、同省によると、影響者数なども含めた全容の報告は20日だった。同省は問題発生から報告まで時間がかかり、利用者への説明も不十分だったとして行政指導した。

 消失したのは、17日午前10時48分から18日午前9時16分までに送られたメールのうち、送信元のドメインに「.co.jp」を含むもの。同社では過去のデータなどをもとに、機械的に迷惑メールを消去しているが、システムの不具合で通常のメールが誤って迷惑メールに振り分けられたという。不具合はすでに修正され、利用者にメールで連絡を始めたという。

 ソフトバンクは「多大なるご迷惑とご不便をお掛けしましたことを深くおわび申し上げます」としている。問い合わせ先は電話(0800・222・0176)で通話料無料。午前9時から午後8時まで。(徳島慎也)