写真・図版 

[PR]

 出血を止める働きをする血小板をiPS細胞からつくり、血液の難病「再生不良性貧血」の患者に輸血する京都大の臨床研究について、厚生労働省の部会は21日、計画を了承した。血液の病気ではiPS細胞からつくった細胞を実際の患者に使うのは、世界で初めて。1年以内には輸血を始めたいという。

 血小板製剤を含む血液製剤は献血によってつくられているが、少子高齢化などの影響で献血する人が減っている。iPS細胞から血液製剤ができるようになれば、将来の血液製剤の供給にも役立ち、献血に依存している医療現場に与える影響は大きい。

 再生不良性貧血は、免疫の異常などで、体内で白血球や血小板などの血液成分が十分につくれなくなる難病。国内の患者数は約1万人とされる。京大の江藤浩之教授らのチームが進める計画では、献血による血小板製剤では拒絶反応が起きて効果が出ない、特殊なタイプの患者1人に実施する。すでに患者は決まっており、募集はしない。

 患者自身の血液をもとにしたi…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら