[PR]

 フィギュアスケートのオータム・クラシックはカナダ・トロント郊外のオークビルで21日(日本時間22日)、男子シングルのショートプログラム(SP)があった。ソチ、平昌と五輪2連覇を果たし、今季初戦の羽生結弦(ANA)は、97・74点の首位で後半のフリーに進んだものの、スピンの失敗が響いて得点が伸びなかった。

 演技後の報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――朝の練習では、かなり気合が入っているように見えたが。丁寧に行き過ぎたのか。

 トーループ、トーループのコンビネーションのところで、1発目のジャンプの後、詰まってしまったので、あそこで結構、力を使ったっていうのがあって。ちょっと集中が切れてしまったかなと思っています。

 ――ステップが盛り上げきれなかった。

 スピンであんなのになっちゃっ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら