[PR]

 石川県加賀市の山代温泉通り商店街が中小企業庁の「はばたく商店街30選」に選ばれた。昨年から無料Wi―Fi(ワイファイ)を設置し、今月には外国人観光客の消費を促すために商店の一斉「キャッシュレス化」に乗り出す。歴史ある商店街がなぜここまで挑戦できるのか。背景や課題について、山代温泉通り商店街振興組合の下達也理事長(55)に聞いた。

 ――取り組みが注目されています

 これまでも、温泉旅館とコラボして商店が観光客や住民に教室を開く「町塾」や金沢工大などと連携して温泉通りに大規模なアートマーケットを開くなど、新しいことに取り組んで来ました。今度、着物の貸し出しと着付けをサービスし、お客さんが街を歩くイベントも行う予定です。ITの活用では、キャッシュレス化や無料Wi―Fi設置以外にも、観光用アプリ「きてねっと」を導入し、約15カ国語に対応したソフトも入れています。

 ――…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら