[PR]

 世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」(各務原市)で、日本最高齢のコツメカワウソが来館者たちの人気を集めている。人間の年齢だと80歳以上のおじいちゃんカワウソは、老いを感じさせない元気いっぱいの姿を見せている。

 現在17歳のオス「ナガラ」は体長約80センチ、体重3・2キロ。オランダの動物園で生まれ、アクア・トトぎふの開館時、3歳で同館にやってきて14年が経つ。日本動物園水族館協会(JAZA)に加盟している動物園・水族館で飼育されているコツメカワウソのうち、最高齢だという。

 コツメカワウソの寿命は15年程度とされるが、ナガラは17歳。水中をすばやく泳いだり、岩の上で走り回ったりと元気いっぱいだ。同館では6頭のコツメカワウソが飼育されているが、ナガラは鼻が少し大きく、ぽてっとしているのが特徴だ。

 ペアの15歳のメス「ミナミ」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら