[PR]

 通行人の男性にけがをさせたとして、大阪府警は22日、和歌山県警巡査の成瀬真向人(なるせまなと)容疑者(22)=和歌山市木ノ本=を傷害容疑で逮捕し、発表した。成瀬容疑者は盗撮行為を男性に見とがめられたといい、「盗撮がばれ、逃げるため必死だった」と供述している。

 南署によると、成瀬容疑者は9日午後、大阪市中央区の大阪メトロ日本橋駅付近で、男性(29)を転倒させて馬乗りになるなどし、右手足に軽傷を負わせた疑いがある。男性は駅の階段で女性のスカート内にスマートフォンを差し入れた成瀬容疑者を問い詰めていたという。同署は府迷惑防止条例違反容疑でも調べる。

 成瀬容疑者は今年4月に和歌山県警察学校に入校し、現在は初任科生。同県警の徳田太志・首席監察官は「誠に遺憾。捜査結果を待ち、厳正に対処する」とコメントした。