[PR]

 東京都内のマンションで一人暮らしをしている記者にとって、最近の悩みは、なかなか宅配ボックスを利用できないことだ。数が少ないために、どうしても「奪い合い」になり、再配達をお願いすることが多い。「宅配ボックスが空いたときに持ってきてくれればいいのに……」なんてことすら考えてしまう。そんな願いをかなえてくれるかもしれない宅配ボックスを、住宅設備大手LIXILが10月1日から売り出すと聞き、取材してみた。

     ◇

 開発したのは「スマート宅配ポスト」。高さ1.3mほどのアルミ製フレームに、宅配ボックスだけでなく郵便ポストやインターホンも一体となって備わっている戸建て向けの商品だ。これまでは、それぞれを単体で販売していた。一体となったものは初めてという。開発した井出真治さん(54)は「スペースが少ない玄関周りで、それぞれ置くと場所に困るというユーザーの声を受けて開発した。家の正面に置く以上、その家の『顔』となる。デザインにも気を配った」と話す。

 「スマート」なのはデザインだ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも