[PR]

 陶芸家でエッセイストでもある吉屋えい子さん=横浜市港北区=が朗読劇団を結成し、29日、港北公会堂(同区)で旗揚げ公演を行う。上演する作品は、振り込め詐欺被害に遭いそうになった自らの体験に基づいており、ほぼ実話だ。いっこうになくならない振り込め詐欺の被害に遭うお年寄りの「心理」を描いた。

 劇団「坐(ざ)・ポルカドット」のメンバー8人は、仕事や子育ての傍ら朗読を楽しむ女性たち。吉屋さんが一人ひとりに声をかけて結成にこぎつけた。吉屋さん自身、80歳にして初舞台に立つ。

 上演する「ふうてん老女と詐欺師」は、吉屋さんが脚本を手がけた。主人公は海外生活の経験のある一人暮らしの高齢女性で、好奇心旺盛なため、間違い電話さえ、つい話し相手になってしまう。

 「もしもし母さん、おれだけど…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら