[PR]

 東京都町田市のサービス付き高齢者向け住宅で住人の関初枝さん(69)が殺害された事件で、関さんの部屋に人の指の形をした血痕が残されていたものの指紋は検出されなかったことが、警視庁への取材で分かった。部屋周辺では足跡も見つかっておらず、同庁は、何者かが痕跡を残さないように準備したうえで侵入したとみて調べている。

 捜査1課によると、関さんの部屋のタンスなどには複数の血痕があり、手の指の形のものや、こすったようなものがあった。関さんを殺害後に触ったとみられるが、指紋は検出されず、手袋を着けていた可能性があるという。

 別のタンスの中には現金入りの財布があったほか、ネックレスなど貴金属が入った箱もタンスの上に残されていた。関さんの携帯電話は室内から見つかった。

 関さんが倒れているのが見つかった21日朝は、前夜から雨が降っており、靴を履いて侵入すればつくはずの土足の跡は室内から見つかっていない。無施錠だった中庭側の窓の外側にあるコンクリート部分からも、足跡は見つかっていないという。同庁は侵入の経路や方法の特定を進めている。

 関さんの死因は、頭部を鈍器のようなもので殴られたことによる脳挫傷など。関さんの頭髪の中からは、長さ3ミリ程度のネジのような部品が見つかった。黒色の円柱形で上部が十字になっており、一部がゴム製だった。凶器の一部の可能性がないか、業者に照会している。同庁はこの部品が頭髪にいつ付着したのかも含め、事件との関連を慎重に調べている。